バックアップは?

パソコンやクラウドでまるごとバックアップ!

もし自分で使えるパソコンがあるなら、専用のソフトを使ってバックアップができます。ソフトはAppleのサイトからダウンロードできます。ソフトが入っているなら充電コードでiPhoneを繋ぎましょう。写真や音楽、ホーム画面のアプリの位置なども、まるごと取ってくれます。ただし、アプリの中身は場合によっては取れない為、それぞれのアプリ内でもバックアップの操作を行った方が安心です。 Wi-fiがあり、バックアップを取る容量が少ないならクラウドでのバックアップがお手軽です。無料でやるには5GBまで、という制限がありますが、直った後にApple IDでログインすれば連絡先やアプリのデータもそのまま戻ってきます。事前に設定しておけば、条件を満たすと毎日バックアップしてくれる便利機能もあります。今後は設定しておくと安心ですね。条件は1.Wi-fiに繋がっている2.充電中という簡単なもの。自宅にWi-fiがあるなら充電中に勝手にバックアップしてくれますよ。

アプリ内でもバックアップをしておこう

パソコンやクラウドで取ったバックアップを復元して、アプリを開いてみたらデータは1からでした…。そのようなことにならないように、大事なアプリはそれぞれのアプリ内でもバックアップを取っておきましょう。 それぞれのアプリによって取得方法は様々ですが、メニューに「バックアップ」「引継ぎコード発行」などあることが多いです。事前にコードが準備されているパターン、もしくは自分でパスワードを入力するパターンがあります。最初からIDとパスワードを自分で決めて登録しているサービスもありますので、それぞれのアプリで確認をしておきましょう。 また、「引継ぎコード」を発行したその時のデータ、を保存するアプリもあるので、定期的な確認が必要です。頑張っていたゲームで良い成績を残していた時のデータが残っていなかったらとてもショックですよね。

商業施設や企業が多い銀座では、iphoneを使っている買い物客やサラリーマンは少なくありません。そのため、iphoneの修理を銀座で依頼しようとすると店も沢山あって便利です。